2014年4月1日より講座、教材、配送料などに消費税(または改定分)が加算されます。

どうぞよろしくご理解のほどお願いいたします。

 

 

絵本「じっとみて。」

ゲーテの見つけた不思議な色「じっとみて。」
ゲーテの見つけた不思議な色「じっとみて。」

 

企 画:しだ えつこ /Etsuko Shida

制 作:やぎ さとみ/Satomi Yagi

英 語:たんげ ひろこ/ Hiroko Tange

韓国語:いしまる ひろみ/ Hiromi Ishimaru

中国語:鄭 傑/ Tei Ketsu

 

定 価:330円(税込み/送料別)

送 料:メール便(5冊まで:82円, 10冊まで:164円)お急ぎの場合は360円の速達扱いもできます。(ご指定ください)

 

また、

10冊以上お求めのいただくと、1冊当り47円(約15%)お値引きいたします。

サイズ:全16ページ、A5サイズ(縦210mm、横148.5mm)

 

 

 

こちらからお求めいただけます。

 

絵本「じっとみて。」が生まれるまで

 

絵本「じっとみて。」を見ることで、体験ができる、不思議な「補色残像現象」とは、

かの有名な詩人で、ドイツの劇作家ゲーテが見つけたものなのです。

 

 

ある日ゲーテは、カフェで赤いドレスのきれいな女性に見とれていました。


ゲーテは、彼女がその場を去った後、そこにまったく同じシルエットの

青緑色のドレスを着た女性が居ることに気がついたのです。

 


これは、ある色をじっと見つめた後で、白いところに目を移すことで、それまで見つめていた色とは反対の色がふわっと浮かんで見える不思議な現象で、

その現象の名前を、「補色残像現象」というのです。

 


実は、この「補色残像現象」は、ほとんど誰にでも見ることができる現象なのです。

ただ、そのためには、じっと「集中」して見つめることが必要なのです。

つまりこの不思議な色を見ようとすると自然に、「集中力」が育てるられるのです。

 


私はこれを知った時すぐに、この不思議な現象を使って絵本を作ろうと決心しました。

3人の子供を持つ私にとって、そのころ学校でとても気になることがあったからです。

 

それは、子供たちに集中力がなくなっていることでした。

 

授業中なのにおしゃべりをしてしまう。

ふらふらと席を立って歩き回ってしまう。

 

こんなことは5年前にはなかった光景でした。

 


確かに今は誰もが忙しい時代です。またすべてにおいてスピードが要求されています。

子供たちはこんな環境の中で、どこか落ち着くことができないのかも知れない…。とも考えました。


そのため、この絵本では心を落ち着けて、まず深呼吸するところからスタートします。

日本の「禅(ぜん)」のような、武道の「黙祷(もくとう)」のような、そんな感じをイメージして作りました。

そして、ただじっと30秒、ひとつのモチーフを眺め続けるのです。

 

そのためには、じっと我慢することが求められます。

心を静かにして、集中するのです。

 

そして我慢した人だけが見ることができる不思議な色が、そこにふわっと見えてきます。

…それが補色残像現象なのです。

 

ぜひお子様と一緒に、またはお友だちと、ご家族みんなで…、楽しんでみてください。

そして、この不思議な体験を通して「集中力」を育てていただけると幸いです。

 

 

 

色彩教育研究所イーカラー

一般社団法人 日本色育推進会

代表 志田悦子

 

 

お問い合せは、

info@e-color.ne.jp


各種講座のお申し込みは、

申し込みフォームから、

イーカラー ブログ

ameblo にジャンプします

日本色育推進会へは、

こちらから、

What's New

2017/03/10

スケジュールを更新しました

 

カラー講座のお申し込みは、

開講スケジュール をcheck!

 

 

イーカラー facebook

facebookにジャンプします

アクセスサポートメニュー

↓ページにジャンプできます